リノベーションを前提に中古マンションを選ぶポイント

なかなか理想通りの新築マンションが見つからないということで、リノベーション(大規模リフォーム)を前提に中古マンションを購入する人が増えています。

そこで注意したいのが、購入しようとしている中古マンションがリノベーションしやすい構造をしている物件かどうかということです。

例えば間取りの変更がしやすさを考えるのであれば、部屋を囲む部分の壁だけがコンクリートになっているような構造ですと、内部の壁を自由に移動できるので、リノベーション工事がしやすいといえます。

また、上下に隣接する部屋との間に空間がとられている、二重床や二重天井といった構造になっていると、水回りが移動しやすいので、こちらもリノベーションしやすい物件といえます。